AWEFの自作ボドゲ晒しブログ

ボドゲ関連はTwitterに書くことが多くなってしまったため、ここのブログはその他ゲームとかアニメとかいろいろです。

2015年アニメ評

年末やることないなぁ、と思っていたら去年も同じこと書いていた。
というわけで去年も書いていたアニメ評を今年も書いてみようかと。

とりあえず全部見たやつをあいうえお順に並べています。

アイドルマスター シンデレラガールズ

金かかってる!
絵はきれいだし動くし声優豪華だし細かい演出から小物から何までクオリティが高い。
が、2期後半がちょっと「デレステやってね!」感が強すぎた気もする。

ともあれ、ソシャゲマネーがクオリティの高いアニメに還元されているのはすごくいいと思います。
一昔前だとパチンコだったけど、これからはソシャゲタイアップとかが前提になるだろうなぁ、と。

今後も1クールに1エピソードくらいでアニメするとかやらないかなぁ。

アルドノア・ゼロ

分割2クールの後半。SF設定とか世界観とかちゃんと作り込んでいる感じだったので期待していた。

ナデシコもびっくりなくらいの消化不良。
カタルシスが無さすぎるよー。
なんか登場人物の行動原理が適当すぎるんだよね。というか視聴者にうまく見せれていないというか。
作画も動きもかなり良かっただけに、ストーリー、脚本がちょっともったいなかった。
火星爆破して終わるとか、ちょっと炎上するくらいのオチにすればよかったのに。

えとたま

声優でっせ!要チェックや!
っていう感じのアニメだった。
声優いじり、特に序盤は鼻についてつらかった。
ニコ生が割と面白かったのでダラダラ見ていたが…。

りえしょんとカッターの好感度を上げるだけのアニメでした。

オーバーロード

キタ!なろう転生モノアニメ!
今年絶対来ると思ったんだよね。それなりに評価もされているようで納得。
なろう作品全般に言えることなんだけど、やっぱ最初のエピソードとか設定はそれなりに面白くても、続くエピソードや追加キャラがどんどんグダグダになっていく、っていうのはしょうがないね。
というか、むしろ1クールアニメを大量生産する分には初速の面白ささえあれば問題ないと思うので、これからもなろうアニメは増えていってほしい。

おそ松さん

ネット上で最も話題になったアニメといえばこれでしょうね。
声優さえ良ければ何やっても売れる、という証明になったことでしょう。特に女子向けは。
むしろ不思議なのは、ライブとかイベントを月一くらいのペースで打っていけばがっぽがっぽだったと思うんだけど、なんでやらないんだろう。
あと同じ歌を声優ごとに歌わせてCD売りまくるとか。
超売れっ子ばかりなので難しいんだろうけれども。

面白いかどうかはさておきます。

終物語、というか物語シリーズのいろいろ

相変わらず神谷浩史が女性声優とお話しするアニメでした。
キャラも増えたり設定も増えたりでやっぱグダってきてる。
そろそろ終わりっぽいので、見届けたいのだが…

がっこうぐらし!

ネット上で最も話題になったアニメといえばこれでしょうね。(2回目)
設定演出含め大好物だったのでそれはもう楽しみ見ていた。
ただ、この手の設定の話は設定だけが面白くて、その後のストーリーも面白くする、っていうのはなかなか難しいね。
原作は多少展開してるけど、面白くなってくれるかどうか…

艦隊これくしょん -艦これ-

ネット上で最も話題になったアニメといえばこれでしょうね。(3回目)
「顧客が本当に必要だったもの」を地で行く感じの作品でした。

グリザイアの楽園

エロゲ原作にしてはまっとうに評価されたような気がする。
エロ売りでもなかったし、ちょっと珍しい感じですね。
といっても、やはりエロゲ原作のものはキャラクター設定とかがどうも突飛すぎる。必然的に女キャラばかりになってしまう、など。
エロゲオタとアニオタは微妙にクラスタがズレているような気もするので、そこを狙っていくのは難しいんだろうけど。

幸腹グラフィティ

なんか見てた。ストレス無く見れるが、何も残らない感じ。

冴えない彼女の育てかた

原作を読んでいて、イマイチだなぁと思っていたのだが、まぁイメージは変わらず。
主人公の性格が、どうしても共感できない。なにかモテる理由をこじつけでいいので設定しておいてほしい。

あと、アニメになってキャラクターごとのフェチを前面に出してくるのが、なんか(性的でなく)イヤらしい感じがする。
たぶん、同人とか二次創作の活性化を狙ってたんじゃないかと思うけど、それも全然でしたね。

櫻子さんの足下には死体が埋まっている

なんとなく見てた。ミステリーっぽいけどサスペンスではなく。死体は出るけど死ぬシーンがない、という。
このアニメはあれですね!黒髪ロングが出てくるのが最高ですね!
櫻子さんもそうだが、百合子ちゃんも良い。
私服とか髪型とかもちゃんと考えてるし、キャラクターの表現がとてもうまい。
同人誌もっと出ろ!

実は私は

後述のモン娘に完全に食われた異種娘もの。悲しいなぁ。
まぁ、少年誌だな、っていう感じの設定とストーリー。
これをアニメにするくらいだったら「亜人ちゃんは語りたい」の方がいいと思う。
あっちの方がキャラクターが立ってる。

下ネタという概念が存在しない退屈な世界

まつらいさん…。

設定は悪くないはずだが、下ネタを前面に押し出しすぎなんじゃないですかねぇ。
まぁ原作がそうなんで何とも言えないんですが。

Charlotte

どうもKey原作は苦手。
かなり強引な設定、かなりシリアスな状況なのに、無理矢理詰め込むギャグ。つらい。
キャラクターがギャグにするのはギリギリ許すとしても、ギャグ演出になってるのが本当につらい。
誰視点なのかが不安定になるので、どうにも。
胃がキリキリするくらいの話にしちゃえばいいのに。
Cパートだけコミカルにするとか、なんかそういう風にできませんかね。

食戟のソーマ

これも金かかってる。全体的に丁寧だった。お話が面白いかどうかはさておき。
にしてもTosh先生は出世したなぁ。
いつかエロマンガに帰ってくることを信じています。

すべてがFになる THE PERFECT INSIDER

忠実。
あと、OPの曲がいい。

ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか

なろう作品、とかトピックスはいろいろあるけど、全てをふっとばして「紐」。
キャラデザが天才だった。
お話は普通。というかなろう作品ありがちな、最初だけ面白い感じ。

てさぐれ!部活もの すぴんおふ プルプルんシャルムと遊ぼう

キャラが増え過ぎ。
まぁ声優がしゃべったり大喜利してるのはそれだけでコンテンツになるよね、っていうだけ。

というか、10~20年くらい前の深夜のバラエティ番組、っていう感じがするよね。
おっさんが面白がるのは当たり前というかなんというか。

デス・パレード

これは本当にもったいない作品でした。
誰も知らないので軽く設定を書きますが

  • 一部の記憶を失った2人がとあるバーに来る。
  • バーテンダーは、その2人に命を懸けたゲームをしろ、という。
  • 2人は最初は半信半疑だが、徐々に本心を出していく。
  • 実は2人は死者。
  • 命を懸けたゲームは、その本心を暴き、死後の行き先を決めるためだったのだ!

っていう超面白そうな設定なのに、もうグダグダグダグダグダグダになっている。
何がどうグダっているかは作品を見てください。
ぜひ語り合いましょう。
あとOPの曲がすごくいい。

長門有希ちゃんの消失

ぅゎハルヒ懐かしい!
あと後半のストーリーは意外と良かった。
記憶モノに弱いなぁ。

ニセコイ:

なんか見てた。シャフト。

ニンジャスレイヤー フロムアニメイシヨン

ジッサイスゴイ。
一言では言えないが、これをやってしまったか!という感じ。
ニンジャスレイヤーのB級さをそれ以下のクオリティで完璧に表現してしまった。
あとラストのアレも想像できたとはいえ、実際にやるとやはり迫力が違う。
最上級の褒め言葉として、馬鹿馬鹿しい。
アニメ業界の金字塔として永遠に残ることだろう。

のんのんびより りぴーと

なんか見てた。あれ?終わり?次は?

ハッカドール THE あにめ〜しょん

ネットオタ文化をいじって軽く炎上させて話題になろう!
というやつに失敗している感じ。
もともとのアプリもイマイチ。
金はあるっぽいのに、なんかうまくいってない感じがするなぁ。

パンチライン

これも設定だけ聞くと面白そう。
死んで魂が時間移動して並行世界の自分がヒーローの歴史改編であーだこーだ。
詰め込み過ぎ。
少なくともロボと幽霊はいらなかった。

響け! ユーフォニアム

超!クオリティ!これぞ京アニ
でもストーリーはいまいち頭に残りませんでした。
ちょっとキャラ多すぎなんだよね。群像劇は苦手。

干物妹!うまるちゃん

なんかかわいい。動画工房が良い仕事をした。

不思議なソメラちゃん

気がdifferentしている。
あいまいみーほどではないけど。
ニコ生はあんまり。もっと向を蔑むべき。

プラスティック・メモリーズ

これも設定だけ聞くと面白そう。
家庭用アンドロイドが寿命9年で記憶リセットの家族としての扱いで感情があれこれ。
ほら、泣けよ。っていう感じ。
これも付随する設定がグダグダなので、話が進むたびに見るのがつらい。
でも動画工房なので女の子はかわいい。

モンスター娘のいる日常

「実は私は」を丸呑みにしたミーアちゃんかわいい。そしてエロい。
もともと原作は海外で人気があったので、おそらくグローバル展開を見込んで金をかけていたであろう作品。
クオリティは全体的に高く、オタ狙い撃ちな感じのメディアミックスも多かった。
が、終わったとたんに見なくなりましたね。海外でもそこまで盛り上がらなかったし。
ただ、OPの曲はいい。ヒゲドライバー最高。

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。

1期は作画が安定しなかったなどのハンデもありつつ、非常に良い作品でした。
渡航先生、原作全部読んでます。
が、2期になってアニメ制作会社・監督・作画なんかが変わってしまい、アニメとしては完全に別物になってしまった。
1期は八幡が細かく突っ込みを入れていく化物語的な展開が多かったのに、2期ではなんというか普通のアニメになってしまった。
作画も含めてコミカルさが減り、どうにも真面目な話になってしまった感じ。
コミカルの中にシリアスがあるのはいいんですが、シリアスの中にコミカルがあるのは気持ち悪くないですかね。
俺だけかなぁ。

山田くんと7人の魔女

完全にノーチェックだった。もともとはマガジンらしい。
設定とか序盤のストーリーは非常に良かった。
単純な入れ替わりものかと思わせておきながら、徐々に謎が解けて設定が広がっていく感じが非常に面白かった。

が、原作12巻を1クールでやるのは無茶。
並行して原作を読んでいたので理解できたけど、普通に見てたら急展開で意味が分からない。
キャラクターも毎話2キャラくらい増えていくし。
2クールで丁寧にアニメ化していたら、かなりの良作になっていたのでは。
まぁ、でもおもしろかった。

ユリ熊嵐

幾原アニメ。
演出はすごく好き。それ以外は普通。
ピングドラムの方がおもしろかったです。

夜ノヤッターマン

スレイヤーズもびっくりなくらい、最初の1話だけ面白い。

WORKING!!!

終わった!長かったなぁー。
結構広げた風呂敷をたたみ切ったのは本当によかった。

番外

2015年の作品ではないけど印象に残ったもの。

黄昏乙女×アムネジア

2012年のアニメ。なんか幽霊の話。
全体的にクオリティが高いのもあるけど、後半に向けてのストーリーの持って生き方が上手い。
そして、最終回の一気に泣かせる感じが非常に良い。
なんか原作が終わってない時点のアニメ化だったので、ラストの展開はアニメオリジナルらしいじゃないですか。
脚本家、いい仕事をした。

まぁ、大ラスのどんでん返しはいらなかった気もするけど。

SHIROBAKO

いまさら見た。
身内ネタ、業界ネタはどないですか、っていうだけにしか見えなかった。
なんであんなに話題になったんですかね。
あ、でもエンジェル体操は好きです。

男子高校生の日常

2012年のアニメ。高校生日常もの。
なんか杉田が自由にしゃべってるだけのアニメ化と思っていたら、杉田だけではなく全てが自由だった。
ギャグその他は特に面白いところも無く、語るべきところは無いのだが、なんというか女子キャラからエロスを感じてしまう。
なんだろうなぁ、童力(童貞力の最近の呼び方)の高い人が書いてしまう、妄想から生まれた女子キャラクターが持つ性的シンボルから逃れられない設定が垣間見えて、どうもそれが俺の童力と同調している感じがする。
こう、二次創作でエロいことをしたくなる、というのが良くわかる。

コードギアス 亡国のアキト

2012年から毎年1作品ずつくらい公開されているやつ。2015年は3章と4章。
キムタカ先生のキャラデザはエrrrrrrrrrrrrロイ。
話は普通。というか、ギアス能力が全然出て来ないので、普通のロボアニメみたい。
でもキムタカ先生のキャラが動いているというだけで見ちゃう。

総括

というわけで、整理するとあんま見てなかったなぁ、という感じ。
特に、ここで上げていない1話切りが多かった。ちゃんと見れてば面白いのもあったんだろうけど。


そして全体的に面白そうな設定なのに、全然うまく消化できていない、っていうのが多かった気がする。
オリジナル作品のあれとかそれとか。
そういう意味で、黄昏乙女×アムネジアのラストはアニメオリジナルにもかかわらずキレイに終わらせていてすごくいい作品でした。


また、なろう作品のアニメ化が進んでいるのも面白い動き。
1クール使い捨てを前提にした原作・メディアミックスが進んでもいいのではないでしょうか。
また、アニメではないんですが、なろうのエロ版が一部エロゲ化しているという動きもあり、そちら方面での活性化も進んでほしいです。
誰が言ったセリフだか忘れましたが「ほとんどの人は、1つだけなら名作を生み出せる。2つ以上作るのがプロだ」みたいなのがあって。
でも近年の1クール使い捨て、エロゲ1本で終了、っていうコンパクトな原作が求められる時代であれば、なろう作品からネタを集めていくのは非常に効率的だと思うんです。

おそらくですが、来年は女子向けのなろう作品のアニメ化が来ると思います。転生モノで、ゲーム世界の悪役に転生するやつ。
ゲーム世界のヒロインとイケメンがキャッキャしているのを、転生したヒロインが逆転、寝取り返していく、っていうのがいいと思いますよ。


というわけで、2016年も面白いアニメがありますように。
そしてみならいディーバが何らかの形で復活しますように。