読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

AWEFの自作ボドゲ晒しブログ

ボドゲ関連はTwitterに書くことが多くなってしまったため、ここのブログはその他ゲームとかアニメとかいろいろです。

リーグ・オブ・レジェンズ(LoL)が声オタをターゲットにしているのが大正義な理由

ついにLoLの日本サーバの情報がいろいろ出てきました。
中でも何より大きいのが音声。
かなりの豪華声優、というかアニメ系の声優を使っているっぽく、声オタまっしぐらすぎる。
ゲーム紹介動画でもゲーム画面ではなくて収録風景からの始まる上にほとんどが声優のインタビュー、どんなゲームかをほとんど説明しないという体たらく。
「リーグ・オブ・レジェンド」 Behind the Scenes ビデオ - YouTube
というか上坂すみれの常識を持った狂気っぷりがすごい。


が、これは完全に正しい。
その理由は「日本ローカライズの部分はテキスト+音声のみ」ということに尽きる。


正直、絵柄はそこまで日本受けはしないと思うのだが、グラフィックに関しては世界共通なのでいじることができない。
しかし、日本のゲーマー、特にPCゲーマーではないユーザを巻き込むためには萌えが重要。
というわけで声で萌やすしかないわけです。
おかげさまでしばらくはJinxの練習をしようかと思いました。

また、LoLの課金要素はスキンしかないわけだが、これも洋ゲー風の絵を買わされるのはイマイチ。
そこで、スキンごとに違うセリフがあったりするとこれはまたこれで売れそう。
国産ソーシャルゲームのガチャと違い、1つ数百円程度と決まっているのも良心的。

さらに、いくら世界一のユーザ数を誇るLoLといえども、世界中のゲーマーがプレイしているわけではない。
ゲーム自体はガチ対戦ゲーなので、そういうのが苦手なプレイヤーは海外にもいるでしょう。
が、日本のアニメ好きな外人が声優目当てで日本サーバに集まる可能性がある!
海外のプレイヤー人口をも拡大させる可能性があるということ。
ずっとCoopだけやってる人とかいてもおかしくない。
昔あった「The Doom Bots of Doom」モードが常設されるのではないだろうか。

という感じで、LoL日本サーバの声優ゴリ推しは非常に目の付け所が良いと思います。


…が、ちょっと心配なのはゲーム内のアナウンス。
先ほどの動画に、自分のチャンプがやられたときに「あなたのチャンピオンが倒されました」って出てて。
アナウンスでこの文章のまま読まれると、なんだかなぁ、ってなるだろうなぁ、と。
以前、Vaingloryの日本語化の件でも書きましたが、アナウンスは無駄にテンション高いくらいがいいと思う。
やっぱレニーハートとかにやってほしいなぁ…。


と、いろいろ書きましたが、楽しみです。流行ってほしいですね。