読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

AWEFの自作ボドゲ晒しブログ

ボドゲ関連はTwitterに書くことが多くなってしまったため、ここのブログはその他ゲームとかアニメとかいろいろです。

2014年アニメ評

深い意味はないのだが、せっかく年末暇なので、今年見たアニメで印象に残ったものについて
ひとことずつコメントして行きたいと思います。
特に時期とかランキングではなく、なんとなくアイウエオ順です。

アドルノア・ゼロ

アニメとしてのクオリティは非常に高く、設定もストーリーもなかなか。
が、火星側のロボットはちょっと遊び過ぎじゃないですかね。
主人公が理詰めで攻略していくタイプなので、火星側がちょっとファンタジー入ってると
都合のいいところだけスキを作ってる感じでなんというか気になるなぁ。

甘城ブリリアントパーク

えろい。

俺、ツインテールになります

本気でバカをやろう、というのが楽しい。ただ、作画が。
がんばれがんばれ。

ジョジョ第三部

原作通りで安心して見れる。逆に、見なくてもいい気にもなる。

寄生獣

原作改変が多めで不安で見てられない。逆に、どう改変されちゃったかを確認したくなる。

月刊少女野崎くん

ブコメとして非常にバランスが良かった。
Working!のときもそうだったが、カップリングが安定していると落ち着いて見れる。
小澤亜季の特徴的な声も良かった。頑張ってほしい。

シドニアの騎士

フルCGアニメでもちゃんと真面目な話が作れるんだぞ、という証明になった。
お話もよかった。ただ、そもそもの原作からなんだけど、ロボは不要だと思う。

Fate/stay night UBW

うごく。

魔法化高校の劣等生

今年ダントツのギャグアニメ。
「小説家になろう」をはじめとするWeb小説はインフレの加速度、特に
俺TSUEEEEEEEがすごい。笑うしかない。
来年は転生モノが2、3本アニメ化されそうな気がする。

未確認で進行形

これもラブコメとしてバランスが良かった。
中の人のラジオも楽しく、多角的に楽しめた。
この作品の後、照井春佳、松井恵理子はよく名前を見るようになった気がする。
吉田有里にも頑張ってほしい。

結城友奈は勇者である

最初はまどマギの二番煎じかと思ったら、まぁ、そんな感じだった。
というか、ラストが納得いかなくてにんともかんとも。
ハッピーエンドである必要はあったんですかね。

みならいディーバ

非常に革新的な試みで、アニメとか作品としての評価はともかく、
新しいメディアの可能性として考えると2014年でもダントツで面白かった。

ただ、みならいディーバの楽しいところは、制作の裏側が見えるところだったり、
作り上げていく一体感だったりするので、作品自体を続けていっても
新規ファンが増えにくいと思われる。
(ライブとかも盛り上がるんだけど、ライブDVDとかが無いので新規はつらい…、とか)
非常に残念だが、今のままの続けていくのはやめておいた方がいいのだろう。

むしろ、中の人(スタッフ、声優、アクター、etc)をいろいろ入れ替えたりして
新しい企画として立ち上げることで、既存のファンを一新しつつも新たなファンを
受け入れやすいようにするというのはどうだろう。

「みならいナントカ」みたいなシリーズで毎年新しい企画を仕掛けていって、
新しいメディアとして確立する日が来たりしたりしたら、おもしろいだろうなぁ。


と、みならいディーバだけ異様に熱く書いてしまったが、なんにせよ割と豊作な1年でした。
来年も面白い作品が多いことを期待しつつ、みならいディーバ級の飛び道具が現れますように。