AWEFの自作ボドゲ晒しブログ

ボドゲ関連はTwitterに書くことが多くなってしまったため、ここのブログはその他ゲームとかアニメとかいろいろです。

【自作ボドゲ】座布団衰弱

座布団衰弱

概要

ヒトコトで言うとトランプの神経衰弱とダウトを足して2で割ったゲーム。
情報収集からの確率論、そしてブラフの掛け合いと、意外と駆け引きは複雑。なはず。
f:id:awef0001:20130817192737j:plain

作るきっかけ

ラブレター、ロストレガシー、クー(Coup)など、シンプルな心理戦を楽しむ系の
ゲームが最近流行っているっぽく、ここはシンプルな心理戦ができるゲームのブームに
乗っかってみよう、という発想。

有名かつシンプルな心理戦ゲームと言えばトランプのダウト。
これをもっとゲーム的に山谷を作ったり収束しやすくしてみよう。
どうせだったら他のトランプのゲームの要素も入れてみよう。……神経衰弱?
というような流れ。

基本ルール

神経衰弱のようにカードを2枚をめくる、が、めくったプレイヤーしか見ない。
ペアである宣言に成功すればカード(勝利点)を獲得。
嘘だと思えばいわゆる「ダウト」を宣言。ペナルティを得たり与えたりする。
また、場のカードにペアがなくなってしまったことを推理できたプレイヤーは
場のカード全てを確認、宣言に成功すれば一気に高得点。

いろいろ

まだ実際にプレイしていないのでバランスは不明。
ちょっと先手が有利すぎる気がする。
大きめの数字(ペアになる確率が高い)は40%くらいの確率でペアになるので
なんというかブラフを仕掛ける必要がないかもしれない。
結局のところ運がいいプレイヤーが純粋にペアを次々引いてしまう場合に
どうやって対抗していくか、なにかルールがないと…。

あと、ゲームタイトルの「座布団」は、関西ではダウトがそう呼ばれているらしい、
ということから。「ダウト」が訛って「座布団」て。