読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

AWEFの自作ボドゲ晒しブログ

ボドゲ関連はTwitterに書くことが多くなってしまったため、ここのブログはその他ゲームとかアニメとかいろいろです。

【自作ボドゲ】Silk Road

あやうく1日だけ日記書いてそのまま放置するところだった。
文章は適当に書けるけど写真とか撮るのめんどくさいですね。
というわけで自作ゲーム晒してみます。

Silk Road

概要

カードドラフト+スゴロクをテーマにした中量級カードゲーム。
シルクロードを往復しながら資金を貯め、各地の資産を買い占めていくのが目的。
お互いの行動が妨害しあうことになるので、

  • 操り人形よろしく他のプレイヤーの行動を読むこと
  • どの選択肢でも有利な状況を作ること

が重要になる、はず。

f:id:awef0001:20130707194013j:plain

作るきっかけ

2つのゲームのイメージから。操り人形はおもしろい。モノポリーは歴史がある。

操り人形は6、7人じゃないと十分に楽しめないので、自分の身内だと難しい。
3、4人でも遊べるように改造したい。多くても遊べるとより良い。
そのためには、ドラフトするカード1枚1枚に独自の効果を持たせてしまうのはNGで、
数字とかシンプルなものをドラフトするようにしたい。

モノポリーは運の要素が強すぎるのと、それをフォローするための交渉がめんどくさい。
というかそこが面白さなんだけど、ゲームのシステム自体はもっと応用ができそう。
運の要素を排除するために、進むマスをカードとかで制御するようにしたらどうだろう。
進むマスをカードドラフトにしたら読み合いにもなるので…。

ということで2つのゲームを組み合わせてみた。

基本ルール

数字が書かれたカードをドラフト。
ドラフト後、数字の小さい順に各プレイヤーコマを進める。
他のプレイヤーコマがいないマスに止まると多めにコインがもらえ、
他のプレイヤーコマがいるマスに止まると少ししかコインがもらえない。
コインを消費して、各マスの建物を購入できる。
建物を持っていると次に止まった時にボーナスでコインがもらえる。
また、建物には勝利点が定められており、多く勝利点を獲得したプレイヤーの勝利。

いろいろ

プレイヤー間の相互作用が異様に複雑になってしまったので、1手1手がわりと重い。
また、特定のプレイヤーを名指しで妨害することが難しいので、一度優位に立つと
そのまま勝利してしまうことがある。
なにか逆転要素が欲しい。というか2位以下が結託できるような仕組み。

ゲームの終了条件も微妙なので、もうちょっとドラマチックな収束感が欲しいところ。

拡張はいくらでも思いつくけど、ゲームシステムが割とシンプルなので、
追加要素があまり支配的にならないように…、と考えると意外と難しい。

自作は簡単なので、誰か遊んでみてコメントください。