AWEFのゲームいろいろブログ

ボドゲ関連はTwitterに書くことが多くなってしまったため、ここのブログはその他ゲームとかアニメとかいろいろです。

2018はVTuberづくしでした

例年、その年見たアニメについてメモを書いてましたが、2018年はバーチャルYouTuberを見てたらそれ以外の時間が何もなくなってしまったので、そっちについて書くことにします。

VTuberの傾向とか

2018年の年初はせいぜい10人くらい追っかけてればいいかなぁ、と思ってたけど、まあいつの間にか1000人単位になってしまって全部をチェックするのは不可能。
今から探す人は、好きなジャンルを探すような仕組みがないのでほんと厳しいと思う。


で、個人的にはざっくりと下記3つくらいの分類、というかパラメータ的なものがあるイメージ。

ラジオ、雑談、ツッコミ多めのゲーム実況など、配信メインで活動してるVTuber
要は声優ラジオの発展形、という感じ。
基本的にこのジャンルばかり見てる。

  • アイドル

歌、雑談というか質問返し、ASMRなど。配信半分動画半分みたいなVTuber
広いユーザに受けるためにはここが手っ取り早いんだと思う。企業系とかはほとんどここだし。
なんというかうまいこと差別化していかないと、完全にレッドオーシャンだと思うんだけど。

  • ネタ

バラエティ的な動画、コント、アニメ、ガチゲーム実況など。
リアルYouTuber的な活動しているVTuber
あんまりVTuberっていう感じではないけど、もうジャンルがごちゃごちゃなので区別できない。


せめてこれくらいの分類からさらに細分化して探せるような仕組みが必要だと思う。
特に、メディアに出るのはアイドル系が多いので、初めて知った人にそういうのしかいないと思われるのはもったいない。
2019年、そういうキュレーション系のメディアが普及してくれればいいんだけど。

オススメ

と、いろいろはさておき、個人的にほぼ確実にチェックしているのは以下の数人。

特に言うことも無く超基本。
ここを楽しく見れないとなるとVTuber全般が見れないのでは。
ただ、最近アイドルムーブも多くなってきたのが心配。
クソサブカル魂を守り続けていてほしい。

サブカル系ジャンルへの教養、考え方がとにかく深い。
そしてクリエイターへの真摯な気持ちが強くてとても良い。
何か創らなきゃ、何か消費しなきゃ、って思う。

いろいろあってやめちゃったVTuber。深夜ラジオ大好きオーラがすごいし、ちゃんと企画もするしトークも面白いし、登録者はあんまり多くなかったけどすげえ良かった。
帰ってこないかなぁ。

それぞれ単体でもトーク力がかなりのものなのだが、2人のラジオが落ち着いた男と若い女、っていう組み合わせのトークですごくいい。
初期昌鹿野とかアクセルラジオみたいな雰囲気でとてもいい。

  • 周防パトラ(アイドル系)

アイドル系だけどトークもできるしネタもあるしで全てのパラメータが平均以上。
なによりオタジャンルへの愛の深さとかVTuber自身が楽しそうなのが伝わってくるのが良い。
ぶいちゅっばの歌は素人DTM感があってすごくいい。めっちゃ聞いてる。

  • ミソシタ(ネタ系)

いや、詞もトークもスゴいよ。


この他、アイドル部とかにじさんじ全般とか個人勢とか、とにかく時間が足りない。
複窓とかできるようにならないとダメか…。

まとめ

この流れがずっと続くとは思えないので、2019年にどんな風になっていくのかかなり怖い。
とはいえ、このジャンルはユーザが声とか金を出しやすい業界なので、どうなるか、というよりも、どうなってほしいか、どうしたいか、まで考えた方が良さそう。
アイドル用語らしいけど、「推しは推せるときに推せ」っていうのはホントわかる。

みならいディーバのときはほぼ全力推ししたにもかかわらず死んでしまったので、そこから比べるとずいぶん時代は変わったなぁ、と思う。

2017年アニメ評

さて、今年も年末なので見たアニメの感想などを。
というか前段として、下半期はほとんどアニメを見なかったという体たらく。
理由としては、MMD動画(艦これとか)をすげー見るようになった、SCPを読む+動画を見るようになった、バーチャルYoutuberを見るようになった、ヨナヨナを追っかけてたらアニメ見てる時間が無くなった、などなど。
いかん。というわけではないけど、ちゃんと話題作くらいは見とかないとなぁ。

というわけで少ないけど以下50音順で。

アホガール

ニコ動で流行っていたので。杉田がつっこむのが楽しそうで良かった。
あと委員長のキャラがクソ萌える。

アリスと蔵六

ほのぼの系能力バトル。
あれですね、下手すると蔵六に感情移入して見ちゃう。もうおじいさんです。

異世界食堂

なんか見てた。特に山もなくオチもなく意味もなく。
でも全体的に作画が安定しててよかったと思う。

ガヴリールドロップアウト

動画工房はほんとうに女の子をかわいく描く。ストーリーとかは特になし。

けものフレンズ

2017年のすべて。いくらでも語れるけど、それはすでにネット上に無限に書かれているのでここでは省略。
これのアレコレが年間を通じてあったせいで、なんか他のアニメに興味が行かなくなってしまった感じ。

この素晴らしい世界に祝福を!2

このすば2期!普通に面白かった。
ただ、全体的にBパートで話を盛り上げて、次の話のAパートで回収する、っていう流れが続いていてなんというかそういうの求めてないから、って思ってた。

サクラクエスト

お仕事シリーズのやつ。SHIROBAKOはあんまりだったけど、こっちはそこそこ。
うまくまとまってた。

少女終末旅行

世界観とか雰囲気は大好きだけど、謎解き的な要素が無いのでなんというか盛り上がりにくかった。
というか原作ものだからしょうがないんだけど。

捏造トラップ-NTR-

タイトルにつられて。
でも百合はそんなでもないんです。

政宗くんのリベンジ

ラストのアレはなんだ。カタルシスという概念を知らないのか。

龍の歯医者

短編だけど、一応見たので。
うーん。設定考えるのは楽しかったろうなぁ。

恋愛暴君

OPの曲が最高。WUG見直した。あと1話は面白かった。
うーん。



という感じで、例年に比べると完走した作品が非常に少ない年でした。
といっても、SCPを鬼のように読んでたりとかバーチャルYoutuberとか、アウトプットしにくいメディアが多かった感じ。

けものフレンズは圧倒的に面白かったけど、まぁとにかくメディア戦略が下手すぎてかわいそうでした。
あとたつき監督がやたら持ち上げられてるけど、どっちかというと世界観とストーリーが面白かったので、脚本家としてがんばってほしいところ。

という感じで2017年でした。
来年はバーチャルYoutuberがすごい勢いで増えてきそうですね。
アニメ、ゲーム(プレイ/実況)、MMD、Youtuber、Webラジオ
このあたりがごちゃごちゃになって来ていて、統合的に攻めることができるコンテンツかプラットフォームが出てきたら天下取るんじゃないかと。
楽しみですね。

DMM GAMES PREMIUM について

※思いのほかアクセスが多かったので、少しだけ修正+追記(7/17)


DMM GAMES PREMIUM(以下、DGPremiumと呼びます)が何かは各自ググってください。

で、DGPremiumが始まって4日ほどたちましたが、あまりレビューや感想的なものが無かったので、ここはひとつプロDMMerとしてひとこと言っておかないとな、と思いこのブログを書いています。
このブログで思いっきりエロゲの話を書くことはなかったですが、まぁどうせ誰も見てないブログだしね!

DMM GAME PLAYERについて

DGPremiumでゲームを遊ぶためには、DMM GAME PLAYER(以下、DGPlayerと呼びます。同じ略語にするなよ!)が必要になります。

DGPlayerはSteamクライアントのようなもので、ストアからゲームを検索したり、購入済みゲームをダウンロードしたり、ダウンロード済みのゲームを起動したりできます。
んで、このDGPlayerが使いにくい。
いくつか箇条書きすると、

  • 起動時、必ずストアページのトップになる。ここはライブラリページにすべき。
  • 全体的にフォントや画像が小さい。かつ、変更することができない。
  • ストアページの並びが謎で、発売日順、評価順などに並び替えることができない
  • ストアページからゲーム紹介ページに移動、その後に戻ると検索の初期画面に強制移動。
  • ダウンロードは1つずつしかできない。予約もできない。
  • ダウンロード進行度合いは表示されるものの、ダウンロード完了予定時刻などは表示されない。
  • ゲーム中は他のゲームのダウンロード不可。というかダウンロード中にゲームできない

みたいな。
特に最後のやつがひどくて、3GBとか5GBとかあるゲームをDLしている間、ただ待つしかないという。
最初はバグかと思った。
うちはわりと回線が細いので、まあFactorioがはかどりますよね。

ゲームのレパートリーについて

まあプロDMMerともなれば無料対象作品の2割近くをすでに購入済みだったわけですが。
ひとまず旧エルフのゲームをいくつか買ったと思えば安いかなぁ、と思って加入したのですが、さすがに古いゲームなのでどうも不親切&古臭さが抜けず、ちょっと懐かしむだけプレイに。うーん。
また、softhouse-sealとかNorn系のゲームが大量にありますが、元々安いのと似たような作品が多いので、大量にあってもありがたみの無さがスゴい。
その他、各社作品でもあんまり評判が良くなくちょくちょく半額セールとかをやっている作品が今回のDGPremiumに採用されている感じがほとんどです。
(Lamia、アトリエさくらのゲームはおすすめですが、すでにプレイ済み)

しいていうと、まいてつだけ(良い意味で)浮いていて、なんらかの契約があったのかなぁ、と邪推。
(なので、今のところまいてつくらいしかやってない。まいてつのE-moteすごい)

今のところ

あんまりオススメできません。
月3000円というのも安くないし、同じ値段で古い名作ゲームか、もうちょっとお金を出して普通に評判のいいゲーム買った方が満足度は高そう。
DGPlayerの使いにくさは最悪あきらめるとして、ゲームのレパートリーがどのくらいのペースで増えていくか、ある程度傾向が見えてきてからの方がいいと思います。

(7/17 追記)
初週での追加分はわずかに3~4作品ほどでした。ちょい古いAnimの作品とか。
(追加時期での検索ができないので、正確に確認はできてないですが…)
このペースが続くようだと、正直入る意義は無さそう。
月一くらいで目玉になるような作品が投下されることを期待して、もうしばらく様子見します。

将来的に

このDGPremiumはインパクト勝負!という感じで、おそらくDGPremiumをきっかけにDGPlayerを普及させ、エロ業界のSteamとしての立場を確立する、というのが狙いなのではないでしょうか。
また、昔からエロゲといえば不正コピーとの戦いでしたが、その認証関係やらアカウント紐づけやらをDGPlayerにて解決し、この業界に秩序と平穏をもたらそうとしているのかもしれません。

いずれにせよ、エロゲ業界のスキームに一石を投じようとしていることだけは強く感じます。
見守っていきたい!いう気持ちがある同士は、上記を踏まえたうえで地雷地帯に突入しましょう。

正体隠匿系で一部の役職のみ情報が得られる方法をシンプルにしたい

人狼をはじめとする正体隠匿系ゲーム。
このジャンルのお約束として、一部の役職は情報が多く有利、その分、知っていることがバレると敗北、というデザインが多いです。
人狼でいう人狼レジスタンス:アヴァロンのマーリン、など。

ところが、これをアナログゲームで実現するためには該当の役職のプレイヤー以外が顔を伏せるなどの非常に原始的なアプローチになっています。
これ自体が雰囲気作りとして面白いという人がいることもわかりますが、ゲーム進行上、いろいろトラブルの原因にもなりがちです。
気配とかでバレてしまったり、不正を働きやすかったり、オペレーションミスが起きやすかったり、なによりテンポが悪くなります。

この手のことはみんな課題だと感じてると思うんですが、これを解決しようとするアプローチがほとんどないのがもやもやしています。
スマホアプリでやればいいんじゃん、ってなって、アナログ要素がだんだん薄れていきそうで怖い)


で、これを解決するのは単純で、「役職決定とゲーム上有利になる情報をセットで渡せばいい」というものです。


オインクゲームのインサイダーの場合、「お題カードが配られた人がインサイダー」というルールにすればゲーム開始時のセットアップが非常に簡潔になります。
2013春ゲムマの傑作、ダウジング人狼のVersusの場合だと、「どの方向に動かすか指定するカードが超能力者」という感じです。

しかし、普通の人狼のように他のプレイヤーとの関係をカード一枚に集約するのは不可能、というのもわかります。
その場合は2回に分ける、あるいはカードの束をスリーブに入れてスリーブごと配る、などの手段で解決できます。
(最初に人狼のボスを決定、ボスは自分の左から順番に何番目が仲間の人狼か把握できていて、該当プレイヤーにカードを配る、など)

あまりに複雑な場合はゲーム的に成り立たないかもしれませんが、その場合は普通に遊ぶとして…。


とまぁ、とにかくこれくらいシステマティックにメカニズムを考えてほしいものです。
ほら、ファミレスとかで一斉に伏せだしたらびっくりするじゃないですか。
さらにシンプルにして、立ち話しながらでも簡単に遊べる正体隠匿系ゲームも考えてみたいものです。

よく見るPVについてのメモ

2016年は、PVをダラダラ見るブームが来てました。
毎回検索するのもめんどくさいので、メモ半分に古くからのオススメと書くPVのどこがいいかを書きます。

と、整理してみたら2016年以前は電気グルーヴ初音ミク関連ばっかりだった。
うーん。他も見てるはずなんだけど、どうもレギュラー入りしない感じ。

2016年に見てたやつ

まずはプーチンズ。上坂すみぺが取り上げてくれたおかげで知ることができました。スパシーバ。


"Sushi Theremin" MV /ザ・プーチンズ「すしてるみん」MV
すしてるみんは音楽はピチカートファイヴ、映像は電気グルーヴっぽくて単純に楽しい。
あと、歌詞が字幕を前提に書いている感じがいい。総合芸術感がある。



ザ・プーチンズ「恋愛契約書」MUSIC VIDEO
恋愛契約書は俳優の昭和のハンサム感が大好き。
曲も割と跳ねるベースラインとテルミンの音、淡々とした歌のバランスが大好き。

プーチンズ以外だと


TOKYO CULTURE STORY|今夜はブギー・バック(smooth rap) in 40 YEARS OF TOKYO FASHION & MUSIC|presented by BEAMS
今夜はブギーバックは10種類くらいローテで聞いてたくらい好きだったので、40年を振り返るときにこの曲が選ばれたのは感無量。
時代の移り変わりで変わるものと変わらないものが表現されてる感じ。
これは聞いててちょっと泣いちゃうくらい良い。
もっと年上だったら最初の方からピンとくるんだろうなぁ。

電気グルーヴ

自分のPV楽しい文化の原点。



【PV】 電気グルーヴ volcanic drumbeats
これが20年前だという衝撃。最初に見たときのインパクトはすごかった。
音楽に合わせて映像が動くというだけで楽しいし、映像が楽しいともっと楽しい、というあまりにも当たり前のことを理解した。



Denki Groove - Flashback Disco
ただ純粋にグルーヴ感が最高、というだけで見たくなる。
曲もいいし映像もいい。特にここがいい、というポイントは無いけど、しいて言うと全体的に完成され過ぎている。



電気グルーヴ 『モノノケダンス』
安っぽいけど迫力がある。あとオチが最高。



Mononoke Dance / DENKI GROOVE
↑のショートバージョン。というか墓場の鬼太郎のOP映像。こっちはオシャレでかっこいい。



電気グルーヴ 『Upside Down』
海外素人踊ってみた配信つなぎ合わせPV。
なんかオリエンタルでエキゾチックでエロス、そしてなんか力強さを感じさせる。
このセンスは本当にすごいと思う。

初音ミク、というかMMD界隈

まずはMitchie M氏。天才。
ミクさんの調教が完璧というのもあるけど、映像を付けることによる暴力的な可愛さで殺しにかかってくる。



初音ミク Project mirai 2 OP曲『アゲアゲアゲイン』フル ver.PV
一番キャッチ―でかわいいと思う。



【雪ミク】SNOW MIKU 公式曲 - 好き!雪!本気マジック feat. 初音ミク
このPVもいいけど、踊ってみたをMMDにしたやつもいい。



初音ミクが声優のようにしゃべってラップして歌う『ビバハピ』/ Mitchie M
Lat式ミクは最高。

Mitchie M氏以外だと



Chaining Intention【初音ミクオリジナル】
第4回MMD杯の優勝作品。音楽と映像のバランスがすごかった。
6年も前なのに今でもかっこいいしかわいい。「無感情」を初音ミクとそのCGで表現しきってると思う。
あとLat式ミクは最高。



これはニコ動。Googleの広告で使われてた曲。
Google公式版だと、まるでGoogleとかYouTubeが育てたみたいに見えるのがイマイチ。
こっちの動画だと初音ミクといえばニコ動だしSEGAのゲームだしpixivだし、いろんなサービスや人や世代をまたがって盛り上がってきたんだな、っていうのが伝わってきてちょっと泣きそうになる。
あとLat式ミクは最高。



これもニコ動。初音さんが流行するきっかけの1つの曲のリメイク。
当時の5年分の歴史と愛情がこれでもかと表現されている。これも見てるとちょっと泣きそうになる。
ていうかこの動画も4年以上前なのか…。



livetune adding 中島 愛「Transfer」Music Video
初音さんの流れからちょっと変わるけど、Kzつながりということで。
というかこの映像も「偶像をみんなでいじりたおして盛り上げようとする」っていう感覚が初音さんと似てるものを感じる。

というわけで

PVローテーションのレギュラーは↑の動画。
この他、Mitchie Mとか電気の他の動画とか、ピチカート・ファイヴとかChemical Brothersとか。
あとアニメのOPとか音ゲーのプレイ動画。


個人的メモということもあり、定期的に更新するかも。